• LINE
  • Instagram
  • YOUTUBE

MENU CLOSE

いいモノ、いいコト、いいトコロ
いいモノ、いいコト、いいトコロ

ブラックタイガーえび

丸千水産株式会社・愛知県蒲郡市

ただ「食べる」だけではない
人と地球にやさしい
環境に配慮したえび

環境に配慮した水産物を

 1970年代半ば、「地場の新鮮な魚が欲しい」という組合員の要望から、地元の丸千水産とのお付き合いが始まりました。三河エリアはえび加工産業が全国一盛んな場所。丸千水産は早くから輸入えびの取り扱いを始めており、1990年代後半には安全・安心なえびを求めてインドネシアのタラカン島での「()(ほう)養殖」にたどり着いていました。当初、生協で取り扱っていたえびは人工池での過密養殖だったため、「自然な環境で養殖されたえびがいい」という組合員の声に応えるため、この「粗放養殖」のえびを扱うことにしました。「粗放養殖」は自然の地形を生かした養殖池を活用し、抗生物質はもちろん餌も与えません。潮の満ち引きによって流れ込むプランクトンが餌になります。池が汚れず環境に配慮した方法で育てられています。

安全・安心を食卓に

 ブラックタイガーえびの特長は、何といってもプリプリとした食感です。その食感を損なわないよう、産地1回凍結のシングルフローズンで届けています。シングルフローズンは組合員に届くまで一度も解凍しないため、鮮度がよく品質劣化がありません。解凍と凍結を繰り返すダブルフローズンでは、うま味や食感が逃げてしまいます。コープのブラックタイガーえびは1尾ずつバラ凍結なので、使いたい分だけ取り出して利用できます。下ごしらえ済の商品は加工してあるので、調理時間短縮でごみも削減できます。
 産地・流通ルート・加工工場は1年に1回、点検・記録の確認を行うなど徹底的に管理し、組合員のみなさんに安全と安心をお知らせしています。

▲マングローブの植樹
2009年から丸千水産と東海コープ事業連合※1は共に植樹を行っている。
※1 コープあいちを含め東海三県の3つの生協と協同して事業や活動をすすめ、より価値の高い生協をつくり上げていく組織
  • ◂植樹に参加した生協職員(2015年)
    組合員の利用による支援は、年間2000本のマングローブ植樹の費用になっている。

  • ◂「コープの森づくり」
    このマークがついた商品の利用で、1品に対して1円を支援。商品産地での植樹を通して、海を守り育てる活動に役立てる。

  • ◂インドネシアの加工工場
    衛生管理・品質管理の行き届いた現地の指定工場で加工している。

つくりての声

  • 商品が思いをつなぐ丸千水産株式会社

    交流から生まれた信頼

     以前、組合員から「えび養殖はマングローブを伐採して養殖池を作り、環境を破壊しているのでは」と質問されました。もともと漁協を通して地元の豊川水系に植樹していたので、この組合員の思いも受け止め、産地の植樹を考えていたところ、現地メーカーから声が掛かり2007年からマングローブの植樹活動に参加しています。東海コープも全国に先駆けて、2009年からコロナ前まで毎年現地で活動してきました。また当社では、品質や鮮度など産地の思いを100%商品にしようとしてきました。「浜の恵みを大切にしたい」「よいものを届けたい」という気持ちは三河湾でも海外でも同じです。今回、原料の安定確保という課題が出ましたが、商品作りや植樹活動などの交流で、協力し合える関係ができていると実感しています。

    いつも「組合員にとって」を問いかけて

     コロナ禍では、おうち時間で利用が増えました。常に「組合員にとってどうか」を考えながらやってきたことで商品のよさが伝わったのではと思います。交流会がなくなり直接意見が聞けなくなったので、ネットや紙面を通してつながりが実感できるように取り組んでいきたいです。「組合員のくらしを豊かに」は自分たちだけではできません。虹の会※2のみなさんとタッグを組んで、工夫しながら商品のこだわりを伝えていきたいです。みなさんに案内しているものは全てに背景があります。それを伝えながら「組合員にとってよいものか」を念頭にこれからも商品作りをしていきます。

    ※2 コープの生産者・メーカーの会(約200社が加入)

    千賀昭政さん、高木健一さん
    左から
    千賀 昭政(せんが あきまさ)さん
    高木 健一(たかぎ けんいち)さん

“ブラックタイガーえび”で作る おすすめレシピ

  • ハワイの名物料理。ガーリックの香りが食欲をそそります! ガーリックシュリンプ

    ガーリックシュリンプ
    材料(お好みの分量)
    ブラックタイガーえび
    14~16尾
    バター
    20g
    塩・粗びき黒こしょう
    各適量
    レモンやパセリ
    (お好みで)
    【A】
    にんにく(みじん切り)
    2片分
    玉ねぎ(みじん切り)
    1/4個
    オリーブオイル
    大さじ3
    レモン汁
    大さじ2
    ハーブソルト(塩でも可)
    小さじ1/2
    作り方
    1. えびは水で洗い、水気をしっかり拭き取る。
    2. ポリ袋に、えびとAを入れて、袋の上からもむ。冷蔵庫で1時間ほど漬ける。
    3. ❷のえびをフライパンに広げ、強めの中火で焼く。焼いている間はあまり触らない。
    4. 両面にこんがりと焼き目がついたら、塩・粗びき黒こしょうで味を調える。さらにバターを加えて、全体に絡めたら火を止める。
    5. お好みでパセリを散らして、レモンを添えて出来上がり。
    6. ポイント

      レモン果汁の働きでえびの臭みが抜け、同時に身が引き締まります。

      オススメ

      ❷のポリ袋に漬け込んだえびとソースは、冷凍用保存袋に入れれば、2週間程度冷凍保存可能です。

  • ザクッとした食感がくせになる! 変わり衣のえびフライ

    変わり衣のえびフライ
    材料(作りやすい分量)
    ブラックタイガーえび
    お好みの分量
    クラッカー(プレーン)
    適量
    小麦粉
    適量
    溶き卵
    適量
    塩こしょう
    適量
    作り方
    1. えびは水で洗い、しっかり水気を拭き取る。
    2. 塩こしょうで下味をつけ、小麦粉、溶き卵の順につける。
    3. 約1㎝角に砕いたクラッカーを、衣としてつける。
    4. 170℃~180℃の油で揚げる。
    5. ポイント

      油で揚げる前に、えびを軽く握るようにしてしっかりクラッカーをつけます。

  • 【レシピ提供:東海コープ事業連合】
    これからの季節、体が温まる韓国鍋
    海鮮スンドゥブチゲ

    海鮮スンドゥブチゲ
    材料(2人分)
    ごま油
    大さじ1
    おろしにんにく・しょうが
    各小さじ1
    豚肉
    140g
    キムチ
    120g
    えび(解凍)
    4尾
    冷凍あさり
    4個
    よせとうふ
    185g
    たまご
    1個
    ニラ
    10g
    【A】
    しょうゆ・酒
    各大さじ2
    はちみつ
    大さじ1
    鶏がらスープの素・赤みそ・粉唐辛子
    各小さじ2
    500ml
    作り方
    1. 【A】を合わせておく。
    2. ごま油でおろしにんにく、しょうが、豚肉を炒め、❶、キムチ、えび、冷凍あさりを加え沸騰させる。
    3. ❷によせとうふをスプーンですくって加え、たまごを割り落とし、ニラを散らす。

    ※写真は1人用の鍋に記載の半量で盛り付け、たまご1個を添えています(1人分あたり634kcal、塩分5.5g)

  • 冬野菜の白菜と一緒に 白菜とシーフードの中華炒め

    白菜とシーフードの中華炒め
    材料(2人分)
    ごま油
    大さじ1
    にんにく・しょうが(みじん切り)
    各1片
    えび(解凍して水気を取る)
    6尾
    冷凍あさり
    100g
    赤・黄パプリカ(乱切り)
    各15g
    白菜(ざく切り)
    200g
    塩こしょう
    適量
    水溶き片栗粉
    適量
    【A】
    200ml
    鶏がらスープ
    大さじ1
    大さじ1/2
    砂糖・塩
    ひとつまみ
    作り方
    1. 【A】を混ぜておく。
    2. ごま油でにんにく、しょうがを炒め、えび、冷凍あさり、赤・黄パプリカを入れてざっと炒め、❶、白菜を加えてふたをし、白菜がやわらかくなったら、塩こしょうで味を調え、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

    (1人分あたり180kcal、塩分1.8g)

  • 【レシピ提供:日本食糧新聞社 山本 理江さん】
    定番のえびフライ、アレンジソースで召し上がれ!
    えびフライの3種類のお野菜ソース

    えびフライの3種類のお野菜ソース
    材料(お好みの量)
    えびフライ
    お好みの量
    【和風オクラソース】材料(作りやすい分量)
    オクラ
    2本
    めんつゆ(ストレート)
    小さじ4
    【かぼちゃクリームソース】材料(作りやすい分量)
    かぼちゃ(種・皮を除く)
    40g
    カレー粉
    小さじ1/4
    マヨネーズ
    大さじ1
    牛乳
    小さじ1〜
    【フレッシュトマトソース】材料(作りやすい分量)
    トマト
    中1/2個
    塩・こしょう
    各少々
    オリーブ油
    小さじ1
    作り方
    1. 【和風オクラソース】オクラはサッとゆでる。縦半分に切り、スプーンで種を取り除いてみじん切りにする。ボウルにみじん切りしたオクラ、めんつゆを入れて混ぜ合わせる。
    2. 【かぼちゃクリームソース】かぼちゃを耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジ(500W)で1〜1分30秒加熱する。熱いうちにつぶして粗熱を取る。ボウルにつぶしたかぼちゃ、カレー粉、マヨネーズを入れて混ぜ、牛乳を程よいとろみになるまで入れて混ぜる。
    3. 【フレッシュトマトソース】トマトは種を取り、みじん切りにする。ボウルにみじん切りしたトマト、塩、こしょう、オリーブ油を入れ、よく混ぜ合わせる。

\ よくあるご質問 /

  • 解凍存法を教えてください。

    解凍のひと手間がおいしさをつくります。

    おすすめ解凍:冷蔵庫に半日ほどおいてゆっくり。
    ちょっと時短解凍:袋のまま流水で。
    おいそぎ解凍:袋から取り出し、40℃以下のぬるま湯に数分間つける。長時間水に浸すと、水分を吸ってうま味が逃げてしまいます。

  • においが気になります。

    塩・酒・片栗粉で解決!

    ボウルやポリ袋にえびを入れ、少々の塩、または酒でもみます。
    片栗粉をまぶしてもんだ後、洗い流すと臭みをおさえられます。

\ 編集部レポート /

みんなでできることを少しずつ

 組合員、生産者・メーカー、生協と、工場見学や調理実習で多くの交流をしてきました。
 フライ、エビチリなど、メイン料理にもってこい!「コープの森づくり」マーク付きのエシカル商品をぜひ!!
 少量パックはこちら。

ブラックタイガーえび 大(下ごしらえ済) ►
160g(10~11尾)

コロナ禍、顔の見えるお付き合いで…

 今回のコロナ禍では家内食が増え、生協だけでなく一般的にえびの需要が増えたそうです。しかし、船の往来が減ったことでブラックタイガーえびを運ぶコンテナも流通が滞る事態となり、コンテナの余剰がなくなってしまいました。現地では、えびを十分に供給する準備ができても、日本に運べないという事態が起こったのです。
 丸千水産では、マングローブの植樹活動など現地との交流を盛んに行ってきました。今回のこの窮地を、交流で生まれた強いパイプで乗り切ることができました。コンテナを優先的に回してもらうことで、他の流通よりも早く動かすことができたのです。物の取引だけでなく、顔の見えるお付き合いがとても大切だと実感した出来事でした。

えび養殖がもたらしたもの

「マングローブを伐採してえびを育ててるんだよね」「えびの養殖は環境を破壊しているから、私は食べないわ」組合員のこの思いをどう受け止め、自分たちにできることは何かを考えていたとき、現地のえび加工会社が、行政と国際環境保護機構(WWF)と共に立ち上げたプロジェクトに参加することにしました。
 インドネシアでは無計画に養殖池を拡大してきたことで、その土地本来の自然の豊かさが失われつつあることが問題になり、また、マングローブの減少に伴い、暴風や高波などの悪天候による被害も深刻化。地域の人々の生活やえび養殖にも影響が及んでいました。

マングローブの植樹の先に

 組合員のみなさんの利用で植樹されたマングローブも、現在は5万本まで増えました。近年では、土壌がきれいになり、動物や干潟の魚が戻るなど、自然の生態系が回復してきているそうです。自然の地形を生かした養殖池で、自生するプランクトンを餌に育てる粗放養殖。潮が満潮になるたびに池の水が入れ替えられ、水質も良好なため豊富な餌に恵まれ、ストレスのないブラックタイガーえびが育ちます。マングローブの植樹は、えび養殖の改善を通じて、生態系の保全と地域住民の持続可能な生計の確立をめざす取り組みなのです。
(参考資料:WWFジャパンWebサイト)