コープあいち食と健康 | 高齢者のフレイル(虚弱)を防ぐ食事は?

  • 食生活を見直そう
  • 野菜を食べよう
  • 食べるをはかろう
  • 実際にやってみよう
食育のススメ
生活協同組合 コープあいち

食生活を見直そう

高齢者のフレイル(虚弱)を防ぐ食事は?

おじいさん、おばあさんが元気にくらしていることは、お孫さんたちにとってもうれしいことでしょう。
高齢者のみなさんが元気で過ごすための食事を考えるうえで、参考になる研究結果をご紹介します。

フレイル(虚弱)とは

健康に長生きするためには、まずはフレイルの状態を予防することが勧められます。フレイルとは、高齢者に見られる、日常生活を送る上での運動機能の低下や、様々な健康障害が生じやすくなった状態のことです。歩く速さや握力の強さなどで判定されます(文献1)。

たんぱく質・抗酸化食品とフレイル

過去の研究では、たんぱく質や、野菜、果物、緑茶、コーヒーなどの抗酸化作用の高い食品(ここではまとめて抗酸化食品とよびます)を多く摂取する人でフレイルの割合が少ないという結果がありました(文献2、3)。また最新の研究(文献4)では、図1のようにたんぱく質と抗酸化食品の両方とも少ない食事をしている赤色の群の人たちに比べて、両方とも多い食事をしている緑色の群でフレイルの人の割合が非常に少なくなることが分かりました。この緑色の群の人たちがどのようなものを食べているか調べたところ(図2)、赤色の群の人たちに比べて、魚、豆、乳製品や、コーヒー、緑茶、野菜、果物などが多く、逆に清涼飲料水、米、菓子が少なくなっていました。

  • フレイルの人の割合

    図1.たんぱく質・抗酸化食品の組合せとフレイルの人の割合(文献4):たんぱく質と抗酸化食品の両方が最も少ない食事をしている赤色の群を1.0にしたときの各群のフレイルの人の割合を示しています。

  • 緑色群に比べた橙色群の摂取状況

    図2.たんぱく質・抗酸化食品の摂取量が両方とも多い人たちの食事の特徴(文献4):図1の赤色の群の摂取量を100%としたときの、緑色の群の人たちの摂取量を示しています。

いろいろな食材を楽しむことが秘訣?

これらの研究では食事からとる食品の影響しか検討できていないため、サプリメントなどからたんぱく質や抗酸化栄養素をたくさんとったときの影響は分かりません。そして、数少ない研究の結果だけで因果関係を断定することもできません。とはいえ、朝昼晩の食事では魚、豆、野菜を十分取り入れ、間食をとるならなるべく緑茶やコーヒーなどの飲料や果物などにしておき、毎日のようにお菓子や清涼飲料水をどっさりとるのは控えたほうがよさそう、という提案はできそうです。たったひとつの栄養素や食品に頼らず、日々いろいろな料理を食べようとするチャレンジ精神も、健康を保つのにきっと一役買うことでしょう。

参考文献
1:Fried, et al. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2001; 56; M146-56.
2:Kobayashi, et .al. Nutr J 2013; 12: 164.
3:Kobayashi, et .al. J Nutr Health Aging 2014; 18: 827-39.
4:Kobayashi, et .al. Nutr J 2017; 16: 29.
  • 前の記事
  • 次の記事
top